アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ちょっと待った! これから年金の50代サラリーマン
ブログ紹介
63歳のブロガーです。
冊子を代引きで販売予定です。
ホームページ版も用意しております。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
●人様のお金●
「人様のお金」をご覧いただきありがとうございました。 4月25日から6月12日にかけて投稿しましたが、図表等は掲載できませんでした。 ご興味のある方は、「★Web年金の行方」http://homepage2.nifty.com/hitosama-no-okane/opm/index/index.htmに全文を掲載していますのでご覧になってください。 ただし、印刷を取りたい方は、同上サイトのコーヒーカップをクリップしていただき、有料で゜デジタル・コンテンツをご利用ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/13 19:07
●人様のお金●
・謝辞 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2005/06/12 18:36
●人様のお金● 第7章 ビジョン「年金基金」
●人様のお金● 第7章 ビジョン「年金基金」 4)個の覚醒・イニシアチブの奪取 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/11 21:42
●人様のお金● 第7章 ビジョン「年金基金」
(3)ビジョンのメッセ−ジ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/06/10 19:14
●人様のお金● 第7章 ビジョン「年金基金」
(8)顔の見える年金基金 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/09 18:30
●人様のお金● 第7章 ビジョン「年金基金」
   (5)選択肢 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/07 19:08
●人様のお金● 第7章 ビジョン「年金基金」
(3)厚生年金基金のインフラ・ノウハウ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/06 19:18
●人様のお金● 第7章 ビジョン
(2)「年金基金」というビジョン ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/05 19:11
●人様のお金● 第7章 ビジョン「年金基金」
 ちなみに、イギリスには、「マドリング・スル−」という言葉がある由、「これは直訳すれば“泥のなかを通り抜ける”ということですが、遠くの見通しはつかないなかでも、積極的に当面の困難に立ち向かいそれを切り抜けて、大きな成果につなげるという意味に用いられます。」(中西輝正「なぜ国家は衰亡するのか」)とのことです。   わが国の受託者責任に関する法律の規定や法理論の不備は目につきすぎる。それ ではわが国で契約意識が根づいているかと言えば、「法三章」(法や契約は簡素な のが理想)という言葉が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/04 19:05
●人様のお金● 第7章 ビジョン「年金基金」
3)哲学などしたこともない! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/03 19:15
●人様のお金● 第7章 ビジョン「年金基金」
(1)戦後日本の哲学もどき ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/02 19:12
●人様のお金● (3)<人様のお金>が変える日本のインフラストラクチュア−(続き)
その結果、出来上がった日本の資本主義はソ連の共産主義以上に直接統治型の共産主義の典型と成りおおせてしまったのです。本来の株主を抹殺しました法人資本主義を形成しますことで、逆説的ではありますが、満州浪人があるいは夢見ましたのではないですかと考えられる<ピュアな共産主義>の一モデルを作ってしまったのです。<歴史の核融合現象>と言うものがあるとすれば、2000年という年の日本に今それが生じているという認識は奇抜なものでしょうか。といいますのも、戦後50年余の日本型資本主義の形成を経てきました今、その発... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/06/01 18:52
●人様のお金● (3)<人様のお金>が変える日本のインフラストラクチュア−(続き)
それでは、この国民の不気味さ、生身の人間のドメスティックな声の圧殺、大義(会社主義)への順応等は、戦後どのように形成されてきたのでしょうか。国民の声は戦後圧殺されたばかりではなく、前史として背景として土壌として戦前の皇軍国家主義の右傾化、ファッシズムにその起源をもつのでしょう。沈黙が知恵でしたファッショの時代から沈黙が美徳になりました戦後の経済体制では官民ぐるみで経済復興の美名を掲げてきたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/31 19:39
●人様のお金● (3)<人様のお金>が変える日本のインフラストラクチュア−
1)日本型資本主義の組成 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/30 19:35
●人様のお金● (2)基金問題のインパクト
1)積立不足か、コントリュービューション・ホリディか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/29 18:37
●人様のお金● 第6章 凍結した死に体
(3)解凍後の再生イメ−ジ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/28 20:19
●人様のお金● 第6章 凍結した死に体
(1)「厚生年金基金は死に体!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/27 19:12
●人様のお金● (6)パブリック・コメント?
単独連合厚生年金基金協議会 冊子「たん・れん」2000/1月号掲載 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/26 19:49
●人様のお金● (5)果たすべき約束
1)社会保障の夢を達成する ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/24 18:00
●人様のお金● 2)人様のお金 (続き)
 アンフェアと言えば、大蔵行政と同様に金融機関や企業経営の法人論理が<人様のお金>に対して、強弁の勝手な論理を構造化して恰も<自分たちの金>であるかのように行動してきたことは多くの人が知ることになったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/23 18:30

続きを見る

トップへ

月別リンク

ちょっと待った! これから年金の50代サラリーマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる